失敗しないホームページ制作の依頼方法をプロが教えます

WEB制作

初めてホームページを作るとき、なにを準備するべきなのか、どんな風に頼めばいのか、など不安なことが出てくると思います。
失敗しないホームページを作るためにはやっぱり準備が大切です。
今回はホームページ制作を依頼するときに準備するものやホームページ制作の流れなどをホームページ制作会社のプロがお教えします。

 

ホームページ制作の流れ

まず、ホームページ制作の流れを説明します。
ホームページ制作は発注フェーズと制作フェーズの2つに分かれています。

発注フェーズ・・・ホームページを制作すると決まって、実際にホームページ制作会社に依頼するとこまで

制作フェーズ・・・ホームページ制作会社が依頼を受けてからホームページが公開されるまで

それぞれの期間は、発注フェーズは約2~3週間、制作フェーズは約1.5~2ヶ月間となります。
そのためクライアントが準備を始めてホームページを公開できるようになるまでは2~3ヶ月が必要です。ホームページを公開したいしたい日が決まっている場合は、余裕を持って3ヶ月前から準備を始めると納得できるホームページに仕上がると思います。
では、さらに細かく各フェーズについて見ていきます。

発注フェーズ

発注フェーズでクライアントがやるべきことは3つあります。

1.ホームページを作る際の目的・納期・予算を決める
2.制作会社との打ち合わせ時間を確保する
3.制作会社からの見積もりや提案から発注先(制作会社)を決める

1.ホームページを作る際の目的・納期・予算を決める

失敗しないホームページにするためには、この段階が一番大事かもしれません。

・どんなホームページにしたいのか
・なぜホームページをリニューアルしたいのか
・どれくらいの予算でおさめたいのか
・どのような問題を解決したいのか

このようなことをできるだけ細かく決めてあると、制作会社にも伝わりやすく、できあがったホームページが思い描いていたものになりやすいです。
また、手書きでも書式でもなんでもいいですが、記述で解決したい問題や達成したいゴール・目標など書いてあるといいです。
口頭で制作会社に話してしまうと、その時の状況や制作会社の人の話を聞いて思いが変わってしまったりして、うまく伝わらない可能性が出てきます。
誰にでも口頭で伝わるという内容であれば口頭でも大丈夫です。
きちんと伝わらなくて思い描いていないホームページになるということを一番避けたいため、この準備はしっかりしましょう。
この準備によって制作会社の見積もりや提案が大きく変わってきます。

2.制作会社との打ち合わせ時間を確保する

1の準備が終わったら制作会社に問い合わせて打ち合せをします。
打ち合わせは実際に会える会社を選びましょう。
ほとんどの制作会社は、見積もりや提案を提出するまでに打ち合わせは1・2回だけです。そのため、クライアントはその数回の間に制作会社の良し悪しを判断できるようにならないといけません。
判断ポイントは2点あります。

・制作会社の強みや実績
・担当者が親身になってヒアリングしてくれるかや一緒にホームページを作っていきたいと思えるかどうか

この2点は必ず押さえといてください。
担当者との相性は2.3か月パートナーのような存在になるため大切です。
1.2回の打ち合わせで制作会社のことを知ることは難しいので、しっかり1の準備をしておくことも重要です。

3.制作会社からの見積もりや提案から発注先(制作会社)を決める

数社と打ち合わせが終わり、見積もりや提案が提出されたらそのなかから納得いく会社を選びましょう。
この時にクライアントが準備するものは特にないです。
気をつけるべきことは、金額だけで制作会社を決めないことです。
金額も含めて総合的に判断するようにしましょう。

発注フェーズがホームページ制作で一番大事なフェーズのため、すべて制作会社に任せればいいという考えではなく、しっかり自社で準備してから制作会社に依頼するようにしましょう。

 

制作フェーズ

次に制作フェーズの流れは5段階です。

1.定期的なミーティングがある場合はそのミーティング時間の確保
2.サイトマップの確認
3.ワイヤーフレームの確認
4.デザイン案の確認
5.最終的なチェック

1.定期的なミーティングがある場合はそのミーティング時間の確保

制作会社によってばらばらですが、週に数回ミーティングがあったりします。
そのミーティングでするべきことは、案件の進捗状況の確認やクライアントが用意するべきもの(ホームページに使う素材や原稿など)の確認などです。

2.サイトマップの確認

制作フェーズで一番重要になるのがサイトマップです。

・ホームページにどんな情報、どんなページが必要なのか
・どのように顧客を集客していくのか

このようにホームページを作る前にどのようなサイトの流れにするかなどを決めます。
制作会社と認識がずれていたら後からやり直しになりタイムロスになるので、しっかり担当者と相談しながら決めていくといいです。

5.最終的なチェック

ホームページが完成したらチェックを怠らないようにしてください。

・ホームページに誤字脱字がないかどうか
・載せてほしい情報が正しく載っているか
・スマホやタブレットで閲覧してもうまく表示されているかどうか
・お問い合わせがきちんと届くか

このような点をチェックしてください。

まとめ

以上がホームページ制作の流れになります。
クライアントは準備をしっかりすることで失敗しないホームページ制作に近づけます。
クライアントと制作会社の間で思いが食い違わないように気を付けてください。

当社ARTAGEでは失敗しないホームページ作りのお手伝いをしています。
一緒に作ってみませんか??

関連記事